光コラボレーションとは?注意点も説明します

光コラボレーションという言葉を多く聞くようになりました。
しかしながら、この光コラボレーションについてよく知っているという人はあまりいないようにも思います。
光コラボを簡単に説明すると、インターネットの回線をフレッツ光などから、
他の会社に変えることをいうんです。
昔はインターネット回線はフレッツ光しかありませんでしたが、
光コラボレーションがはじまったことにより、フレッツ光から、
ソフトバンク光やAUひかり、ドコモ光に転用することができるようになったのです。

ですから、もしあなたがドコモの携帯電話を使っているのでしたら、
ドコモ光にすることで、お得な割引があったり、毎月の通信料が安くなったりするんです。
もちろん、光コラボ事業者の選び方はこのほかにもあると思いますので、
いろいろと探してみるとよいでしょう。

<光コラボレーションの注意点>
光コラボの注意点としては、フレッツ光で使っていたオプションの一部が使えなくなるということです。
具体的には、オプションを解約しなければならないため、
転用するときは使っているオプションサービスが転用時に引き継げるのかしっかりと調べておく必要があります。
<建物とネット回線の関係>
自分の住んでいる建物によっては、導入できるネット回線に制限が加えられることがあります。

例えば、マンションだと、建物の構造上ネット回線の導入に制限を加えられることが多くあります。

もちろん、ネット回線によって制限が多かったり、少なかったりするので、
そういったところもネット回線を選ぶ基準にするとよいでしょう。

例えば、NTTのフレッツ光は対応地域が多く、マンションでも多く利用できます。

光回線を選ぶときには、キャンペーンの内容や、毎月の費用ばかりに目が言ってしまいますが、対応していないと意味がないため、なるべく早い段階でチェックしておくようにしましょう。